1. トップ>
  2. 事業案内>
  3. 社会活動

濵田酒造CSRプロジェクト

濵田酒造が蔵を構えるいちき串木野は、海や山に囲まれた豊かな自然と、明治維新を支えた串木野金山や薩摩藩士たちが英国留学に旅立った羽島など、薩摩の歴史を語る上での要所も数多くあります。沢山のかたがたへおいしい焼酎をお届けするとともに、私たち濵田酒造を育む地域の歴史・文化を継承し、それをさらに発展へつなげることも、使命と考え様々な活動に取り組んでいます。

食の安心・安全への取り組み

みなさまに、高い品質かつ安心・安全な商品を届けるため、濵田酒造グループでは、「品質」「環境」「食品安全」の方針を定めています。

denzouinguracsr.jpg基本品質方針
我が社は、商品の品質保証と、高い顧客評価の継続によって、本格焼酎の歴史と伝統の継承と革新、未来への普及と継続に貢献する。我々は、自らの業務を通じてその意義を理解し、その質を継続して改善していくことに努める

基本環境方針
我が社は、"地球資源は有限"という視野に立ち、本格焼酎の歴史と伝統の継承と革新、未来への普及と継続に必要な社会環境、自然環境の維持・継続・改善に努める
そのため、
1)環境関連の法規制、及び当社が同意するその他の要求事項を順守する
2)商品づくりの過程からの環境負荷、及び商品自体の環境負荷を低減する
3)当社の企業姿勢や環境保全活動を広く社会やお客様に訴えることを通じて、
社会全体における環境保全に貢献する

基本食品安全方針
我が社は、本格焼酎の製造事業を通して食品安全マネジメントの有効性を継続的に追及し、 安心・安全な製品を顧客に提供することにより社会の信頼を得て発展する企業を目指す
そのため、
1)食品の安全を第一とし、顧客との対話と商売を通じて、最大の信頼と満足を得ることに努める
2)事業活動に関連する法規制等を遵守するとともに、社会倫理に適合した健全な企業活動を行う
3)全ての顧客との適切なコミュニケーションを充実させる
4)食品安全方針は、全社員に周知徹底するとともに、方針を実現するために食品安全目標の設定、計画的な従業員教育を実施し、定期的にレビューする
5)食品安全マネジメントシステムの有効性を定期的に見直し、継続的改善を行う

■濵田酒造では、2006年にISO9001・ISO14001の認証を取得。さらに食品安全マネジメントシステムに関する最高水準の国際規格FSSC22000の認証取得向けてに取り組んでいます。

環境保全に向けて

傳藏院蔵では、焼酎粕をメタン発酵させてバイオガスを取り出し、ボイラーの燃料として活用。さらに家畜の飼料や堆肥の原料などにも利用しています。また、年1パーセントの省エネを実施し、LED照明の切り替えや重油からLNGへの燃料転換も積極的に行っています。さらに原料を蒸す工程では省エネ型蒸気システムを導入し、従来の4割減の低蒸気を実現。環境保全においても「革新」を目指し、今後もふるさとの未来のために取り組みを続けています。

飲酒運転撲滅運動に関する企業理念

日本人のお酒との付き合いは昔から豊穣の神の恵みを象徴する神聖なものとされ、今でも神棚への供え物、清めの儀式に用いられまたお祝い事などさまざまな生活場面や儀式によって豊かに育まれ飲酒文化を築き生活文化に溶け込んでいます。そのような中、濵田酒造グループとしては企業理念の一部に「本格焼酎を真の国酒へ更には世界へ冠たる酒へを実現すべく、本格焼酎のもつ普及性と文化性を両立追求する」を掲げており、ついては法律違反並びに反社会行為である飲酒運転について、國酒たる本格焼酎の文化性、普及性に反することとの認識のもと、社員及びお客様と共に積極的かつ徹底した飲酒運転の撲滅運動に取組んでいます。

薩摩金山私学校

csr2.JPG

鹿児島の自然・歴史・文化・産業を見直し、薩摩の精神を伝承していくことを目的として、薩摩金山私学校を建学しています。経験豊かな講師陣を迎え、鹿児島にまつわる多彩で魅力的な講座を毎年開催しています。

詳しくはこちら▶

いちき串木野海童ウォーキング

csr3.JPG

毎年3月に、東日本大震災復興支援「いちき串木野海童ウォーキング」を開催しています。従業員の健康増進の他、自然災害の復興支援を目的とし、15キロ、25キロ、42キロの3つのコースから歩行距離1キロにつき、10円を被災地に寄付しています。

詳しくはこちら▶

市来猶興舎(いちきゆうこうしゃ)

csr4.JPG

伝兵衛蔵では、鹿児島の伝統行事 妙円寺詣りに「市来猶興舎」として毎年参加しています。妙円寺詣りとは、関ヶ原の戦いで敵中突破を果たした島津義弘公と薩摩隼人たちの苦闘を偲び、約20キロの道のりを歩いて参拝する伝統行事です。伝兵衛蔵で結隊式が行われ、皆が一丸となります。また、いちき串木野の留学生たちも加わり、より一層活力が増します。

いちき串木野新酒祭り

csr5.JPG

毎年新酒が出来る秋に、地域の皆様へ出来立ての美味しい焼酎を振る舞う年に一回のお祭り。同日には地元いちき串木野市の産業祭も開催され、多くの方にご来場いただきます。日頃の感謝の気持ちを込めて、新酒はもちろん限定酒の販売やステージイベント等、来場者の皆さんに楽しんで頂けるよう、従業員が一丸となって取り組んでいます。

南日本美術展

csr6.JPG

鹿児島を代表する美術展、南日本美術展に協賛しています。「海童賞」を設けていて、毎年、薩摩金山蔵で巡回展も開催。普段は、焼酎蔵ですが、この時期はアートの香りが漂う緑の中の美術館になります。

霧島国際音楽祭

csr7.JPG

世界各地で活躍するアーティストが年に一度鹿児島に集い、実施される音楽の祭典。薩摩金山蔵では2005年から協賛を開始。2009年からは金山蔵でのコンサートを行うことで、地域の文化振興へ寄与しています。

地育活動「さつまいもの苗植え・芋掘り体験」

csr8.JPG

地元の保育園園児たちを集め、濵田酒造の自社芋畑農園を開放し、春にはさつまいもの苗植え、秋には芋ほり体験を開催しています。掘り出した芋は、焼酎として仕込んでいます。子どもたちにも地元地域の産業への興味を持っていただき、次の担い手を育むきっかけを作りたいと思っています。

詳しくはこちら▶