1. トップ>
  2. 伝兵衛蔵TOP>
  3. 伝兵衛蔵の商品一覧>
  4. 古式有機原酒 なゝこ(ななこ)

なゝこは七古。七つの古(いにしえ)による幻の古式有機原酒。霊峰冠岳の清らかな水と日本最古の黄麹・酵母。杜氏の手でじっくりと紡がれる

古式有機原酒 なゝこ(ななこ)

古式有機原酒 なゝこ(ななこ)

こしきゆうきげんしゅ なゝこ(ななこ)

古式有機原酒 なゝこ(ななこ)

いにしえの味わいをここに再現
芋の存在感が香る古式焼酎

【2017ななこ】は、2017年5月25日(木)発売致します。
2017年よりボトルカラー(納戸色)に一新しております。

なゝこは、七古、名に七つの謂れあり。
一、現存する日本最古の黄麹「アスペルギルス・オリゼー使用」
二、現存する初代分離酵母「サッカロマイセス・サケ使用」
三、有機米・有機芋使用(有機認証蔵)
四、いにしえの霊峰「冠嶽(かんむりだけ)」の伏流水を使用
五、伝承の蔵づくり 伝兵衛杜氏による手づくり
六、年代甕(かめ)による甕仕込み、甕貯蔵
七、復元した杉木桶による蒸留 木桶蒸留

内容量 720ml
容器
種類
原材料 鹿児島県産さつま芋/米麹(国産米)
黄麹
アルコール度数 37%

購入はコチラ

  • 容量:1800ml

    内容量 1800ml
    アルコール度数 37%

    購入はコチラ

こだわりの造り…黄麹・酵母
いにしえの味わいや香りを再現すべくたどり着いたのが、古来から伝わる麹と酵母です。麹菌は清酒造りに多く使用される黄麹から、現存する日本最古の種黄麹「アスペルギス・オリゼー」を使用。酵母菌は、現存する初代の分離酵母「サッカロマイセス・サケ」を使用しています。
明治時代のスタンダード。伝統の甕仕込み
甕で仕込み、甕で熟成させる、明治から続く焼酎づくり。ずらりと並ぶ大甕には100年以上前のものも。これら年代も大きさも異なる甕の個性を杜氏はしっかり把握しているのです。丸い形状の甕内では対流が起こり、発酵中の温度ムラが少なくなります。また、甕貯蔵では陶器の遠赤外線効果でまろやかな味になるのも特徴です。
伝統の味わいを守るため木桶蒸留器を再現
江戸から明治時代にかけて主流であった蒸気吹き込み式の木桶蒸留器。熱やもろみの酸により木桶が劣化していくため、数年に一度は修理が必要という、とても手のかかる蒸留器です。伝兵衛蔵では、鹿児島県内でただひとりの木桶職人さんに大切にメンテナンスをしてもらい、伝統の薩摩本格焼酎の味わいを守り続けています。