1. トップ>
  2. 金山蔵TOP>
  3. 清酒蔵について

薩摩の清酒

清酒蔵について
薩摩でただひとつの清酒
本格焼酎の進化のために。
薩摩の清酒の価値がそこにあります。

この本格芋焼酎の本場、薩摩の地にあって、約40年間造られてこなかった清酒。
これは、当時、南国鹿児島では温度管理が難しく、安定的においしい清酒を供給しづらい環境であった事が大きく起因しています。
そういった背景のもと、各焼酎蔵は、本格芋焼酎がどうやったらおいしくなるか日夜、研究に研究を重ね今日のような全国のみなさまにおいしく飲んでいただける本格芋焼酎をお届けすることが できるようになったのです。

ただ、本当にいまある本格芋焼酎の姿が完成形なのでしょうか?
「いま」を進化するために薩摩金山蔵は薩摩で唯一の清酒を造りました。

本格焼酎造りでは見えなかった知恵や技といった気づき、
そういったものを次の焼酎造りに活かせるように、清酒の名門蔵元で修行を重ねた杜氏が、どこに出しても恥ずかしくない薩摩の清酒を造り上げました。
ぜひ、この機会に味わってみてください。

薩摩の清酒 製造工程
清酒蔵CONTENTS